• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生活安全課0係 バタフライ」富樫倫太郎著

 杉並中央署「何でも相談室」、通称「0係」を訪ねてきた小学生の光男たちが、携帯電話で撮った猫の写真を見せ、助けてほしいと刑事の冬彦らに訴える。写真の猫は全身が真っ赤だった。やがて、一帯で2カ月前から絵の具で青や黄色などに塗られた猫が目撃されていたことが分かる。数日後、再び訪ねてきた光男らが仲間の隆志の祖母がお金をネコババしようとしていると言い出す。聞くと、隆志の祖母の家のポストに30万円入りの封筒が投げ込まれていたという。調べると、同じマンションの別の部屋にも封筒入りの現金が投げ入れられていたことが分かる。

 キャリア刑事・冬彦と0係の面々が些細な出来事から事件を解決していく人気シリーズ第3弾。(祥伝社 700円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る