「生活安全課0係 バタフライ」富樫倫太郎著

公開日: 更新日:

 杉並中央署「何でも相談室」、通称「0係」を訪ねてきた小学生の光男たちが、携帯電話で撮った猫の写真を見せ、助けてほしいと刑事の冬彦らに訴える。写真の猫は全身が真っ赤だった。やがて、一帯で2カ月前から絵の具で青や黄色などに塗られた猫が目撃されていたことが分かる。数日後、再び訪ねてきた光男らが仲間の隆志の祖母がお金をネコババしようとしていると言い出す。聞くと、隆志の祖母の家のポストに30万円入りの封筒が投げ込まれていたという。調べると、同じマンションの別の部屋にも封筒入りの現金が投げ入れられていたことが分かる。

 キャリア刑事・冬彦と0係の面々が些細な出来事から事件を解決していく人気シリーズ第3弾。(祥伝社 700円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る