「生活安全課0係 バタフライ」富樫倫太郎著

公開日: 更新日:

 杉並中央署「何でも相談室」、通称「0係」を訪ねてきた小学生の光男たちが、携帯電話で撮った猫の写真を見せ、助けてほしいと刑事の冬彦らに訴える。写真の猫は全身が真っ赤だった。やがて、一帯で2カ月前から絵の具で青や黄色などに塗られた猫が目撃されていたことが分かる。数日後、再び訪ねてきた光男らが仲間の隆志の祖母がお金をネコババしようとしていると言い出す。聞くと、隆志の祖母の家のポストに30万円入りの封筒が投げ込まれていたという。調べると、同じマンションの別の部屋にも封筒入りの現金が投げ入れられていたことが分かる。

 キャリア刑事・冬彦と0係の面々が些細な出来事から事件を解決していく人気シリーズ第3弾。(祥伝社 700円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る

人気キーワード