• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「生活安全課0係 バタフライ」富樫倫太郎著

 杉並中央署「何でも相談室」、通称「0係」を訪ねてきた小学生の光男たちが、携帯電話で撮った猫の写真を見せ、助けてほしいと刑事の冬彦らに訴える。写真の猫は全身が真っ赤だった。やがて、一帯で2カ月前から絵の具で青や黄色などに塗られた猫が目撃されていたことが分かる。数日後、再び訪ねてきた光男らが仲間の隆志の祖母がお金をネコババしようとしていると言い出す。聞くと、隆志の祖母の家のポストに30万円入りの封筒が投げ込まれていたという。調べると、同じマンションの別の部屋にも封筒入りの現金が投げ入れられていたことが分かる。

 キャリア刑事・冬彦と0係の面々が些細な出来事から事件を解決していく人気シリーズ第3弾。(祥伝社 700円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る