「封印された日本の村」歴史ミステリー研究会編

公開日: 更新日:

 さまざまな理由で人が去ってしまった「廃村」や「廃虚」を訪ね歩く紀行リポート。

 かつて村に通じる道路が引かれておらず、交通手段は船だけだったことから“海賊村”と呼ばれた新潟県の「角海浜」や、足尾鉱毒事件の反対運動に立ち上がった農民たちの口を封じるために権力によって遊水地を造る名目で廃村に追い込まれた栃木県「谷中村」、都心から気軽に行ける廃村として見学者が絶えない奥多摩山中の「峰集落」、そして人々がケーブルカーで行き来していたため道路がなく、解体されないまま山中に取り残された兵庫県「摩耶観光ホテル」など。現地を歩き、現在の写真とともにそれぞれの廃村・廃虚にまつわる物語を紹介。(彩図社 619円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る