「封印された日本の村」歴史ミステリー研究会編

公開日: 更新日:

 さまざまな理由で人が去ってしまった「廃村」や「廃虚」を訪ね歩く紀行リポート。

 かつて村に通じる道路が引かれておらず、交通手段は船だけだったことから“海賊村”と呼ばれた新潟県の「角海浜」や、足尾鉱毒事件の反対運動に立ち上がった農民たちの口を封じるために権力によって遊水地を造る名目で廃村に追い込まれた栃木県「谷中村」、都心から気軽に行ける廃村として見学者が絶えない奥多摩山中の「峰集落」、そして人々がケーブルカーで行き来していたため道路がなく、解体されないまま山中に取り残された兵庫県「摩耶観光ホテル」など。現地を歩き、現在の写真とともにそれぞれの廃村・廃虚にまつわる物語を紹介。(彩図社 619円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る

人気キーワード