• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「封印された日本の村」歴史ミステリー研究会編

 さまざまな理由で人が去ってしまった「廃村」や「廃虚」を訪ね歩く紀行リポート。

 かつて村に通じる道路が引かれておらず、交通手段は船だけだったことから“海賊村”と呼ばれた新潟県の「角海浜」や、足尾鉱毒事件の反対運動に立ち上がった農民たちの口を封じるために権力によって遊水地を造る名目で廃村に追い込まれた栃木県「谷中村」、都心から気軽に行ける廃村として見学者が絶えない奥多摩山中の「峰集落」、そして人々がケーブルカーで行き来していたため道路がなく、解体されないまま山中に取り残された兵庫県「摩耶観光ホテル」など。現地を歩き、現在の写真とともにそれぞれの廃村・廃虚にまつわる物語を紹介。(彩図社 619円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る