• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」奥田弘美著

 精神科医の著者が勧めるのは、脳の使い方を変えるダイエット。大切なのは「完全にお腹が空くまでは食べ物を口にしない」ことだという。

 飽食の現代では“おいしそうだから”“人に勧められたから”“食事の時間だから”といった理由で食べ物を口にすることが多い。

 しかし、空腹感を無視した食べ方を続けていると、脳が食べ物のおいしさに鈍くなり、いくら食べても満足しなくなる。結果、食べ過ぎに至るというわけだ。

 一方、空腹感を感じてから食べる習慣をつけると、脳に食べ物のおいしさが刻み込まれ、腹八分目になると“あとは空腹を感じてから食べよう。その方がおいしさを味わえる”と、食欲をストップしてくれるようになるという。

 ストレスなしで痩せるには、脳を味方につけることだ。(扶桑社 760円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る