「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」奥田弘美著

公開日: 更新日:

 精神科医の著者が勧めるのは、脳の使い方を変えるダイエット。大切なのは「完全にお腹が空くまでは食べ物を口にしない」ことだという。

 飽食の現代では“おいしそうだから”“人に勧められたから”“食事の時間だから”といった理由で食べ物を口にすることが多い。

 しかし、空腹感を無視した食べ方を続けていると、脳が食べ物のおいしさに鈍くなり、いくら食べても満足しなくなる。結果、食べ過ぎに至るというわけだ。

 一方、空腹感を感じてから食べる習慣をつけると、脳に食べ物のおいしさが刻み込まれ、腹八分目になると“あとは空腹を感じてから食べよう。その方がおいしさを味わえる”と、食欲をストップしてくれるようになるという。

 ストレスなしで痩せるには、脳を味方につけることだ。(扶桑社 760円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る