「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」奥田弘美著

公開日: 更新日:

 精神科医の著者が勧めるのは、脳の使い方を変えるダイエット。大切なのは「完全にお腹が空くまでは食べ物を口にしない」ことだという。

 飽食の現代では“おいしそうだから”“人に勧められたから”“食事の時間だから”といった理由で食べ物を口にすることが多い。

 しかし、空腹感を無視した食べ方を続けていると、脳が食べ物のおいしさに鈍くなり、いくら食べても満足しなくなる。結果、食べ過ぎに至るというわけだ。

 一方、空腹感を感じてから食べる習慣をつけると、脳に食べ物のおいしさが刻み込まれ、腹八分目になると“あとは空腹を感じてから食べよう。その方がおいしさを味わえる”と、食欲をストップしてくれるようになるという。

 ストレスなしで痩せるには、脳を味方につけることだ。(扶桑社 760円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード