「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」奥田弘美著

公開日:  更新日:

 精神科医の著者が勧めるのは、脳の使い方を変えるダイエット。大切なのは「完全にお腹が空くまでは食べ物を口にしない」ことだという。

 飽食の現代では“おいしそうだから”“人に勧められたから”“食事の時間だから”といった理由で食べ物を口にすることが多い。

 しかし、空腹感を無視した食べ方を続けていると、脳が食べ物のおいしさに鈍くなり、いくら食べても満足しなくなる。結果、食べ過ぎに至るというわけだ。

 一方、空腹感を感じてから食べる習慣をつけると、脳に食べ物のおいしさが刻み込まれ、腹八分目になると“あとは空腹を感じてから食べよう。その方がおいしさを味わえる”と、食欲をストップしてくれるようになるという。

 ストレスなしで痩せるには、脳を味方につけることだ。(扶桑社 760円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る