「認知症とともに生きる」山村基毅著

公開日: 更新日:

 10年後には700万人を超えるといわれる国内の認知症患者。昨年、政府は「認知症施策推進総合戦略」を策定し、“認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けることができる社会の実現”を目指すという。

 しかし、要するにこれは“可能な限り自己責任で家族が世話をしろ”という内容だ。政府の対策は、患者と家族の暮らしが犠牲にされていると言わざるを得ない。

 一方、20年以上前から認知症問題の本質に取り組んでいる病院もある。本書では、精緻な検査や臨機応変な薬物療法、そして多彩な作業療法プログラムなどで患者の尊厳を守りつつ、介護負担ゼロも目指す奈良県の「ハートランドしぎさん」の取り組みをルポ。認知症医療のモデルケースを示している。

(幻冬舎 1400円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る