• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「認知症とともに生きる」山村基毅著

 10年後には700万人を超えるといわれる国内の認知症患者。昨年、政府は「認知症施策推進総合戦略」を策定し、“認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けることができる社会の実現”を目指すという。

 しかし、要するにこれは“可能な限り自己責任で家族が世話をしろ”という内容だ。政府の対策は、患者と家族の暮らしが犠牲にされていると言わざるを得ない。

 一方、20年以上前から認知症問題の本質に取り組んでいる病院もある。本書では、精緻な検査や臨機応変な薬物療法、そして多彩な作業療法プログラムなどで患者の尊厳を守りつつ、介護負担ゼロも目指す奈良県の「ハートランドしぎさん」の取り組みをルポ。認知症医療のモデルケースを示している。

(幻冬舎 1400円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る