• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「余命3カ月のガンを克服した私が食べたもの」髙遠智子著

 現在45歳の著者は、28歳で卵巣がんになり余命3カ月を宣告された。しかし、薬膳を学び、五感を働かせて季節・食・体の三位一体を意識した食事を心がけることで、がんを克服するに至ったという。

 本書では、体をいたわり、よみがえらせるための食事の仕方を紹介している。健康のためには朝食は食べるべきか否かさまざまな説があるが、著者は“何を食べるか”が重要であるとしている。一番の問題は年中同じメニューなことで、生野菜のサラダは、夏はいいが、冬だと体が冷えてかえって健康を害する恐れもある。

 そんなときはブロッコリーやレンコン、ジャガイモなどの冬の野菜を水から茹でた温野菜にして食べるのがいい。春なら、冬にたまった老廃物を排除する効果の高い山菜料理がおすすめだ。(祥伝社 1380円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る