「余命3カ月のガンを克服した私が食べたもの」髙遠智子著

公開日: 更新日:

 現在45歳の著者は、28歳で卵巣がんになり余命3カ月を宣告された。しかし、薬膳を学び、五感を働かせて季節・食・体の三位一体を意識した食事を心がけることで、がんを克服するに至ったという。

 本書では、体をいたわり、よみがえらせるための食事の仕方を紹介している。健康のためには朝食は食べるべきか否かさまざまな説があるが、著者は“何を食べるか”が重要であるとしている。一番の問題は年中同じメニューなことで、生野菜のサラダは、夏はいいが、冬だと体が冷えてかえって健康を害する恐れもある。

 そんなときはブロッコリーやレンコン、ジャガイモなどの冬の野菜を水から茹でた温野菜にして食べるのがいい。春なら、冬にたまった老廃物を排除する効果の高い山菜料理がおすすめだ。(祥伝社 1380円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

もっと見る

人気キーワード