「情け深くあれ」岩井三四二著

公開日: 更新日:

 信長が京に入り、市中は騒然としていた。医師・曲直瀬道三の弟子、英俊は道三の代診で、中風に苦しむ幕府の元奉行・松田駿河守の屋敷を訪れた。薬を処方して辞去しようとしたとき、「謀反の疑いあり」と呼ばわって7人の兵がなだれこんできた。

 兵の後に入ってきた50年配の男は明智十兵衛光秀と名のり、道三の弟子であると知ると、英俊の見立てを信じて引き揚げる。だが、恐れを見せず、医師として松田の病状を告げる英俊が元武士であることを見破り、「おれの家来にならぬか」と言う。(「情け深くあれ」)

 戦乱の世に武士を捨て、医師として生きる男を描く時代小説。表題作ほか6編。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

もっと見る