• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「子の無い人生」酒井順子著

 著者は「負け犬の遠吠え」を書いたとき、結婚さえすれば「宿題は終わった」という気分になると思ったが、2人以上の子をもって初めて、結婚は完成したと見なされることに気づいた。

「源氏物語」の紫の上は光源氏に愛されたのに、子どもがいなかったので、明石の君が産んだ子どもを育てる羽目になる。安倍政権の女性閣僚は結婚している女性ばかり。市川房枝時代のように「仕事と結婚した」という女性はいない。その上、男性政治家にとって子どもの有無は大した問題ではないが、女性政治家にとって子どもがいることは大きなプラスポイントになる。

 40代になって著者が気づいた日本社会の真実。(KADOKAWA 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る