「子の無い人生」酒井順子著

公開日:  更新日:

 著者は「負け犬の遠吠え」を書いたとき、結婚さえすれば「宿題は終わった」という気分になると思ったが、2人以上の子をもって初めて、結婚は完成したと見なされることに気づいた。

「源氏物語」の紫の上は光源氏に愛されたのに、子どもがいなかったので、明石の君が産んだ子どもを育てる羽目になる。安倍政権の女性閣僚は結婚している女性ばかり。市川房枝時代のように「仕事と結婚した」という女性はいない。その上、男性政治家にとって子どもの有無は大した問題ではないが、女性政治家にとって子どもがいることは大きなプラスポイントになる。

 40代になって著者が気づいた日本社会の真実。(KADOKAWA 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る