「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。」片岡義男著

公開日: 更新日:

 大学卒業後、3カ月の会社員生活を経てフリーランスのライター生活に入り、1974年に作家としてデビューした著者。本書は、作家デビューするまでライターとして過ごした日々を、その時々に流れていた音楽と共に仕立てた自伝的小説だ。

 60年に喫茶店で知り合った大学生との映画談議に登場した「リオ・ブラボー」の映画とディーン・マーチンの歌、会社をすぐ辞めることにした63年に聴いた「チュニジアの夜」、ビートルズ来日記者会見の席に出られずに神保町で原稿を書いた66年、アーサー・フィードラーのボストン・ポップス・オーケストラによる「ペルシャの市場にて」の旋律が流れる文具売り場で、楽しく美しい本をまだ一冊も作っていないと気づいて愕然とした68年……。

 原稿用紙と鉛筆を手に、音楽と共に過ごした日々が語られていく。その語り口は軽くフィクションのようでもあり、CDもインターネット配信もなかったドーナツ盤の時代の空気が全編に満ちている。(光文社 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード