「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。」片岡義男著

公開日: 更新日:

 大学卒業後、3カ月の会社員生活を経てフリーランスのライター生活に入り、1974年に作家としてデビューした著者。本書は、作家デビューするまでライターとして過ごした日々を、その時々に流れていた音楽と共に仕立てた自伝的小説だ。

 60年に喫茶店で知り合った大学生との映画談議に登場した「リオ・ブラボー」の映画とディーン・マーチンの歌、会社をすぐ辞めることにした63年に聴いた「チュニジアの夜」、ビートルズ来日記者会見の席に出られずに神保町で原稿を書いた66年、アーサー・フィードラーのボストン・ポップス・オーケストラによる「ペルシャの市場にて」の旋律が流れる文具売り場で、楽しく美しい本をまだ一冊も作っていないと気づいて愕然とした68年……。

 原稿用紙と鉛筆を手に、音楽と共に過ごした日々が語られていく。その語り口は軽くフィクションのようでもあり、CDもインターネット配信もなかったドーナツ盤の時代の空気が全編に満ちている。(光文社 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る