「1980年代」斎藤美奈子、成田龍一編著

公開日: 更新日:

 政治経済から社会や思想や文化まで、1980年代の事象をさまざまな切り口から読み解いたアンソロジー集。

 バブル期として語られることの多い80年代は、旧来の戦後思想とは明らかに異なる「戦後の転換点」であり、今の時代の源流であった。サヨク、ニューアカ、おたく、フェミニズム、サブカルチャー、中曽根政権、教育改革、マンガ等、この時代を席巻した事象について、鼎談・論考・コラムなどを通して多角的に問い直していく。

 興味深いのは、高橋源一郎と編著者が選んだ80年代の文学を巡る鼎談。高橋氏は80年代を批評家が文学を論じた最後の時代と指摘。戦後文学が袋小路に入る一方で、吉本ばなな「キッチン」や村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」に見られる家族の不在、田中康夫「なんとなく、クリスタル」や村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」に見られるモノへの固執など、既存路線とは全く違う文学が登場した時代を解説している。(河出書房新社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る