「1980年代」斎藤美奈子、成田龍一編著

公開日:  更新日:

 政治経済から社会や思想や文化まで、1980年代の事象をさまざまな切り口から読み解いたアンソロジー集。

 バブル期として語られることの多い80年代は、旧来の戦後思想とは明らかに異なる「戦後の転換点」であり、今の時代の源流であった。サヨク、ニューアカ、おたく、フェミニズム、サブカルチャー、中曽根政権、教育改革、マンガ等、この時代を席巻した事象について、鼎談・論考・コラムなどを通して多角的に問い直していく。

 興味深いのは、高橋源一郎と編著者が選んだ80年代の文学を巡る鼎談。高橋氏は80年代を批評家が文学を論じた最後の時代と指摘。戦後文学が袋小路に入る一方で、吉本ばなな「キッチン」や村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」に見られる家族の不在、田中康夫「なんとなく、クリスタル」や村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」に見られるモノへの固執など、既存路線とは全く違う文学が登場した時代を解説している。(河出書房新社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る