「新任巡査」古野まほろ著

公開日:  更新日:

 愛予県警の警察学校を卒業した頼音(ライト)と希(アキラ)は、愛予署で3カ月の職場実習を受けることに。赴任日、挨拶のため入室した本多署長の執務机の上には、捜査中の女子生徒連続失踪事件の3人の被害者の写真が並べられていた。

 翌日からライトは、愛予駅東口、アキラは同西口の交番で新任巡査として任務に就く。先輩らに立ち番や巡回連絡など交番警官の実務のイロハを学ぶライトは、ある日、親しくなったベーカリーの店員から女生徒失踪事件の証拠品と思われる小さなぬいぐるみを託される。

 新人巡査の成長を描く青春職場小説にして、さまざまな伏線がラストで鮮やかに結晶化する徹夜必至の警察エンターテインメント。(新潮社 2600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る