「新任巡査」古野まほろ著

公開日:  更新日:

 愛予県警の警察学校を卒業した頼音(ライト)と希(アキラ)は、愛予署で3カ月の職場実習を受けることに。赴任日、挨拶のため入室した本多署長の執務机の上には、捜査中の女子生徒連続失踪事件の3人の被害者の写真が並べられていた。

 翌日からライトは、愛予駅東口、アキラは同西口の交番で新任巡査として任務に就く。先輩らに立ち番や巡回連絡など交番警官の実務のイロハを学ぶライトは、ある日、親しくなったベーカリーの店員から女生徒失踪事件の証拠品と思われる小さなぬいぐるみを託される。

 新人巡査の成長を描く青春職場小説にして、さまざまな伏線がラストで鮮やかに結晶化する徹夜必至の警察エンターテインメント。(新潮社 2600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る