「『男はつらいよ』の幸福論」名越康文著

公開日: 更新日:

 映画「男はつらいよ」は、主人公の寅さんが、マドンナに惚れて、最後はフラれるだけの映画だと思ったら大間違い。実は寅さんは、現代の私たちにこれからどう生きるべきかを示してくれていると説く精神科医がつづったエッセー。

 1969年の映画公開時、アラフォーの設定だった寅さんは、日本の草食男子の元祖だったと指摘。旅先で出会ったマドンナとの恋愛が実らないのはなぜか。それは寅さんが「理想の母親像」を相手に求めているからだという。

 一方で、各マドンナたちの生き方に見る幸せのつかみ方や、さまざまなパターンで登場するすれ違う親子の関係など。全48作品の印象的なシーンやセリフを紹介しながら、寅さん的生き方の神髄を解き明かす。(日経BP社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る