「『男はつらいよ』の幸福論」名越康文著

公開日:  更新日:

 映画「男はつらいよ」は、主人公の寅さんが、マドンナに惚れて、最後はフラれるだけの映画だと思ったら大間違い。実は寅さんは、現代の私たちにこれからどう生きるべきかを示してくれていると説く精神科医がつづったエッセー。

 1969年の映画公開時、アラフォーの設定だった寅さんは、日本の草食男子の元祖だったと指摘。旅先で出会ったマドンナとの恋愛が実らないのはなぜか。それは寅さんが「理想の母親像」を相手に求めているからだという。

 一方で、各マドンナたちの生き方に見る幸せのつかみ方や、さまざまなパターンで登場するすれ違う親子の関係など。全48作品の印象的なシーンやセリフを紹介しながら、寅さん的生き方の神髄を解き明かす。(日経BP社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る