「『男はつらいよ』の幸福論」名越康文著

公開日: 更新日:

 映画「男はつらいよ」は、主人公の寅さんが、マドンナに惚れて、最後はフラれるだけの映画だと思ったら大間違い。実は寅さんは、現代の私たちにこれからどう生きるべきかを示してくれていると説く精神科医がつづったエッセー。

 1969年の映画公開時、アラフォーの設定だった寅さんは、日本の草食男子の元祖だったと指摘。旅先で出会ったマドンナとの恋愛が実らないのはなぜか。それは寅さんが「理想の母親像」を相手に求めているからだという。

 一方で、各マドンナたちの生き方に見る幸せのつかみ方や、さまざまなパターンで登場するすれ違う親子の関係など。全48作品の印象的なシーンやセリフを紹介しながら、寅さん的生き方の神髄を解き明かす。(日経BP社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る

人気キーワード