「真説 真田名刀伝」東郷隆著

公開日:  更新日:

 真田家の宝刀「茶臼割り」の数奇な運命を描く戦国時代小説。

 天文3(1534)年、信濃・上野国を治める海野家の傍系の三男・能登守輝幸は、諸国行脚中に常陸国での野試合で、相手を叩きのめし、太刀を手に入れる。太刀には名刀「鬼丸」の銘がつけられていた。祭りで暴れだした牛を能登が一刀両断し、刀は「牛斬り」の異名を持つ。「太刀占」した鹿島の卜伝は、牛斬りは「やがて、貴殿のもとを離れ、さる御仁の所持」となるが、後に再び能登のものになると予言。言葉通り、帰郷すると太刀は兄の幸光に横取りされる。

 ある夜、幸光らが夜盗を退治中、牛斬りが投げつけられた石臼を斬り割る。以来、太刀は「茶臼割り」と名付けられる。(角川春樹事務所 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る