「真説 真田名刀伝」東郷隆著

公開日: 更新日:

 真田家の宝刀「茶臼割り」の数奇な運命を描く戦国時代小説。

 天文3(1534)年、信濃・上野国を治める海野家の傍系の三男・能登守輝幸は、諸国行脚中に常陸国での野試合で、相手を叩きのめし、太刀を手に入れる。太刀には名刀「鬼丸」の銘がつけられていた。祭りで暴れだした牛を能登が一刀両断し、刀は「牛斬り」の異名を持つ。「太刀占」した鹿島の卜伝は、牛斬りは「やがて、貴殿のもとを離れ、さる御仁の所持」となるが、後に再び能登のものになると予言。言葉通り、帰郷すると太刀は兄の幸光に横取りされる。

 ある夜、幸光らが夜盗を退治中、牛斬りが投げつけられた石臼を斬り割る。以来、太刀は「茶臼割り」と名付けられる。(角川春樹事務所 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る

人気キーワード