「追憶の夜想曲(ノクターン)」中山七里著

公開日:  更新日:

 少年時代に殺人を犯した御子柴は、罪を償った後に名前を変えて弁護士になった過去を持つ。ある日、御子柴は知人の弁護士から、ある刑事事件の弁護人の座を強引に奪い取る。事件は主婦の亜季子が夫を殺害したというもので、亜季子は1審の判決を不服として控訴していた。

 東京地検の次席検事・岬は、金でしか動かない御子柴が弁護を引き受けたと知り疑問を抱く。亜季子や身内にそれほどの資産があるとは思えないからだ。かつて御子柴に煮え湯を飲まされた岬は、自ら控訴審の担当を引き受ける。一方、亜季子と面会した御子柴は、彼女が何かを隠しているのではないかと感じる。

 悪辣弁護士と切れ者検事の法廷での息詰まる応酬を描く長編ミステリー。(講談社 730円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る