「追憶の夜想曲(ノクターン)」中山七里著

公開日: 更新日:

 少年時代に殺人を犯した御子柴は、罪を償った後に名前を変えて弁護士になった過去を持つ。ある日、御子柴は知人の弁護士から、ある刑事事件の弁護人の座を強引に奪い取る。事件は主婦の亜季子が夫を殺害したというもので、亜季子は1審の判決を不服として控訴していた。

 東京地検の次席検事・岬は、金でしか動かない御子柴が弁護を引き受けたと知り疑問を抱く。亜季子や身内にそれほどの資産があるとは思えないからだ。かつて御子柴に煮え湯を飲まされた岬は、自ら控訴審の担当を引き受ける。一方、亜季子と面会した御子柴は、彼女が何かを隠しているのではないかと感じる。

 悪辣弁護士と切れ者検事の法廷での息詰まる応酬を描く長編ミステリー。(講談社 730円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  6. 6

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  7. 7

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る

人気キーワード