「追憶の夜想曲(ノクターン)」中山七里著

公開日: 更新日:

 少年時代に殺人を犯した御子柴は、罪を償った後に名前を変えて弁護士になった過去を持つ。ある日、御子柴は知人の弁護士から、ある刑事事件の弁護人の座を強引に奪い取る。事件は主婦の亜季子が夫を殺害したというもので、亜季子は1審の判決を不服として控訴していた。

 東京地検の次席検事・岬は、金でしか動かない御子柴が弁護を引き受けたと知り疑問を抱く。亜季子や身内にそれほどの資産があるとは思えないからだ。かつて御子柴に煮え湯を飲まされた岬は、自ら控訴審の担当を引き受ける。一方、亜季子と面会した御子柴は、彼女が何かを隠しているのではないかと感じる。

 悪辣弁護士と切れ者検事の法廷での息詰まる応酬を描く長編ミステリー。(講談社 730円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る