「インドカレー伝」リジー・コリンガム著 東郷えりか訳

公開日:  更新日:

 料理を糸口に広大で複雑なインドの歴史と社会を描き出す食文化史。

 インド料理の基礎は、古代のアーユルヴェーダ医学によって作られた。その上に多種多様な移民が携えてきたそれぞれの料理が層をなして積み重ねられ、カレーはそうした長い歴史が生み出した産物なのだという。

 1498年、探検家バスコ・ダ・ガマがインド航路を開拓。インド料理に欠かせない唐辛子はこの時期、ポルトガル人によってもたらされた。同時期、ムガル帝国の初代皇帝バーブルが北方からインドに侵略。彼らが持ち込んできた中央アジア、ペルシャ(イラン)、そしてヨーロッパの料理方法や食材がインドの食べ物と影響し合い、今日のインド料理を生み出してきたその過程を詳述する。(河出書房新社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る