「インドカレー伝」リジー・コリンガム著 東郷えりか訳

公開日: 更新日:

 料理を糸口に広大で複雑なインドの歴史と社会を描き出す食文化史。

 インド料理の基礎は、古代のアーユルヴェーダ医学によって作られた。その上に多種多様な移民が携えてきたそれぞれの料理が層をなして積み重ねられ、カレーはそうした長い歴史が生み出した産物なのだという。

 1498年、探検家バスコ・ダ・ガマがインド航路を開拓。インド料理に欠かせない唐辛子はこの時期、ポルトガル人によってもたらされた。同時期、ムガル帝国の初代皇帝バーブルが北方からインドに侵略。彼らが持ち込んできた中央アジア、ペルシャ(イラン)、そしてヨーロッパの料理方法や食材がインドの食べ物と影響し合い、今日のインド料理を生み出してきたその過程を詳述する。(河出書房新社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る