「ホーリー・カウ」デイヴィッド・ドゥカヴニー著 菊池由美訳

公開日:  更新日:

 米国の人気テレビドラマ「Xファイル」でモルダー捜査官を演じた著者の作家デビュー作。

 ニューヨーク州北部の小さな農場に暮らす雌牛のエルシーは、ある日突然消えてしまったお母さんのことを考えるとちょっと胸が苦しくなるが、農場での暮らしには満足していた。夜、鍵をかけ忘れた牛舎を抜け出し、窓から農場主の家の中をのぞいたエルシーは、「箱神様」がしゃべる話ですべてを理解する。

 悩むエルシーは、インドという国では「ウシは聖なるものとされている」と知り、かの国を目指すことに。噂を聞きつけた豚のジェリーはイスラエル、感謝祭の到来を恐れる七面鳥のトムはトルコへ行きたいと、エルシーに頼み込んできた。(小学館 610円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る