「ホーリー・カウ」デイヴィッド・ドゥカヴニー著 菊池由美訳

公開日: 更新日:

 米国の人気テレビドラマ「Xファイル」でモルダー捜査官を演じた著者の作家デビュー作。

 ニューヨーク州北部の小さな農場に暮らす雌牛のエルシーは、ある日突然消えてしまったお母さんのことを考えるとちょっと胸が苦しくなるが、農場での暮らしには満足していた。夜、鍵をかけ忘れた牛舎を抜け出し、窓から農場主の家の中をのぞいたエルシーは、「箱神様」がしゃべる話ですべてを理解する。

 悩むエルシーは、インドという国では「ウシは聖なるものとされている」と知り、かの国を目指すことに。噂を聞きつけた豚のジェリーはイスラエル、感謝祭の到来を恐れる七面鳥のトムはトルコへ行きたいと、エルシーに頼み込んできた。(小学館 610円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  10. 10

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

もっと見る