「国家戦略特区の正体」郭洋春氏

公開日: 更新日:

■規制緩和は格差を広げるだけ

 勝ったらこんなにいいことがある、とビル・ゲイツなど勝ち組の成功物語が宣伝されるが、99%の貧しい人々の世界はクローズアップされない。

「1980年くらいまで、日本は一億総中流社会でした。でも、新自由主義にもとづくグローバリゼーションが進み、競争社会はどんどん苛烈になり格差も広がっています」

 特区で得られる利益は外国資本に持ち去られる。

 副題にあるように「外資に売られる日本」であり、TPPと特区の動きの連動も明らかにする。では、いったいどうしたらいいのか。

「経済成長や人口増という古い発想から抜け出すことです。安心・安全な農業と観光という、知識創造型の産業こそが、日本が生き残る道です」

 特区の危険性にクラクラとくるが、将来の展望も見えてくる。(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る