「眩 くらら」朝井まかて著

公開日: 更新日:

 葛飾北斎の娘、葛飾応為ことお栄が主人公。父と同じく、幼い頃から絵筆を持ってさえいれば幸せだったお栄だが、縁談を勧める母のしつこさに負けて同じ絵師に嫁ぐ。しかし、家事など一切無頓着なお栄は事あるごとに亭主と衝突、ついに愛想を尽かして実家に戻ってしまう。母の嫌みもどこ吹く風、ひたすら絵に没頭していく。北斎の右腕として春画から風景画までこなしてきたお栄だが、どこかで「親父どの」から離れて独自の絵を求めるようになっていた。

 折から長崎のシーボルトから西洋画の依頼が舞い込む。西洋画の遠近法、陰影の付け方に新しい絵のヒントを受けるが、なかなか思うようにいかない。そんな彼女の悩みを理解してくれるのは、浮世絵師で戯作者の渓斎英泉こと善次郎。善次郎への思いを隠しながら己の絵を目指すお栄だが、父の病気、母の死、甥っ子の放蕩と難題が次々と襲ってくる――。

 父の血を受け継ぎつつも、レンブラントを彷彿させる名画「吉原格子先之図」を生み出すに至る天才女絵師の奔放な生涯を鮮やかに描き出す力作。(新潮社 1700円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

人気キーワード