「サブマリン」伊坂幸太郎著

公開日:  更新日:

 ある日の早朝、無免許の19歳の少年・棚岡佑真の運転する車が暴走し、ジョギング中の男をはねてしまう事件が起こった。無免許の未成年者による死亡事故とあって家裁調査官が招集され、マイペースな行動で周囲を翻弄するが憎めないキャラクターの陣内、陣内に辟易しつつもなんとか調査をすすめようとする武藤、やる気があるのかどうかつかめないクールな女性調査官・木更津が担当することに。

 何を聞いても「はい」しか言わない棚岡と、とりとめもない雑談ばかりする陣内の横で途方に暮れる武藤は、棚岡が両親を自動車事故で亡くしていたことに引っかかりを感じる。そして思いつきのような陣内の行動から、思わぬ展開が始まるのだが……。

 2004年刊行の人気作品「チルドレン」に登場した家裁調査官・陣内と武藤のコンビが活躍する書き下ろし長編。被害者や加害者の心情に予想外の方法で入りこんでしまう陣内と、わかったような結論に逃げずに自分なりにひとつひとつ考えをまとめていく武藤の着実さが、悲劇的な事件を優しくすくい上げていく。重いテーマを扱いながらも、ふたりの軽妙な会話が楽しい。(講談社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る