「羊と鋼の森」宮下奈都著

公開日: 更新日:

 17歳の高校生・外村は、放課後の体育館でひとり、ピアノ調律師の仕事を眺めていた。蓋の開いた黒い大きなピアノの中に、森があった。調律師が鍵盤を鳴らすと、羊の毛でできたフェルトのハンマーが鋼の弦を叩く。秋の森の匂いがした。

 調律の世界に魅せられた青年の成長を描く長編小説で、今年の本屋大賞受賞作。北海道の山あいの集落で育った外村は、ピアノに触れたこともない。音楽の知識もない。それでも頑張って専門学校を卒業し、地元の楽器店に就職、プロへの道を踏み出す。失敗しては落ち込み、自信をなくすが、先輩調律師たちに見守られながら、ひたむきに音と向き合う。素晴らしいピアノを弾く双子の高校生姉妹も、彼に力を与える。

 今、やっていることに無駄なことは何もない。森の中で踏み迷っても、いつか、すっと景色が開ける。明るく、静かで、あたたかく、深みを含んだ音に包まれているような幸福な読後感が残る。

 執筆に当たり、作者は複数の調律師に話を聞いたという。美しい音とは何か。理想的な調律とは何か。ピアニストと調律師の関係とは? 作中に登場する個性豊かな調律師たちが語る持論は、音楽の本質に肉薄する。ピアノ曲の聞き方を深めてくれそうだ。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る