「羊と鋼の森」宮下奈都著

公開日:  更新日:

 17歳の高校生・外村は、放課後の体育館でひとり、ピアノ調律師の仕事を眺めていた。蓋の開いた黒い大きなピアノの中に、森があった。調律師が鍵盤を鳴らすと、羊の毛でできたフェルトのハンマーが鋼の弦を叩く。秋の森の匂いがした。

 調律の世界に魅せられた青年の成長を描く長編小説で、今年の本屋大賞受賞作。北海道の山あいの集落で育った外村は、ピアノに触れたこともない。音楽の知識もない。それでも頑張って専門学校を卒業し、地元の楽器店に就職、プロへの道を踏み出す。失敗しては落ち込み、自信をなくすが、先輩調律師たちに見守られながら、ひたむきに音と向き合う。素晴らしいピアノを弾く双子の高校生姉妹も、彼に力を与える。

 今、やっていることに無駄なことは何もない。森の中で踏み迷っても、いつか、すっと景色が開ける。明るく、静かで、あたたかく、深みを含んだ音に包まれているような幸福な読後感が残る。

 執筆に当たり、作者は複数の調律師に話を聞いたという。美しい音とは何か。理想的な調律とは何か。ピアニストと調律師の関係とは? 作中に登場する個性豊かな調律師たちが語る持論は、音楽の本質に肉薄する。ピアノ曲の聞き方を深めてくれそうだ。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る