• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「羊と鋼の森」宮下奈都著

 17歳の高校生・外村は、放課後の体育館でひとり、ピアノ調律師の仕事を眺めていた。蓋の開いた黒い大きなピアノの中に、森があった。調律師が鍵盤を鳴らすと、羊の毛でできたフェルトのハンマーが鋼の弦を叩く。秋の森の匂いがした。

 調律の世界に魅せられた青年の成長を描く長編小説で、今年の本屋大賞受賞作。北海道の山あいの集落で育った外村は、ピアノに触れたこともない。音楽の知識もない。それでも頑張って専門学校を卒業し、地元の楽器店に就職、プロへの道を踏み出す。失敗しては落ち込み、自信をなくすが、先輩調律師たちに見守られながら、ひたむきに音と向き合う。素晴らしいピアノを弾く双子の高校生姉妹も、彼に力を与える。

 今、やっていることに無駄なことは何もない。森の中で踏み迷っても、いつか、すっと景色が開ける。明るく、静かで、あたたかく、深みを含んだ音に包まれているような幸福な読後感が残る。

 執筆に当たり、作者は複数の調律師に話を聞いたという。美しい音とは何か。理想的な調律とは何か。ピアニストと調律師の関係とは? 作中に登場する個性豊かな調律師たちが語る持論は、音楽の本質に肉薄する。ピアノ曲の聞き方を深めてくれそうだ。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る