「フードバンクという挑戦」大原悦子著

公開日: 更新日:

 フードバンクとは、まだ食べられるのに「売り物にならないから」と捨てられていた食品を寄付してもらい、食べ物に困っている人に無料で届ける活動を行う団体や、システムのこと。米国で40年以上前に始まり、日本でも広まりつつあるこの取り組みの歴史や現状、課題を伝えるリポート。

 パッケージに記された原材料の表示順序が誤っていただけで店頭から回収された10万個のシューマイなど、日本の食品ロスは年間600万トンを超える。

 そうした食品ロスが生まれる背景から、日本でフードバンクが始まった経緯、そして活動を担うNPO法人が抱える問題や企業側の新たな動きなど。現場を取材しながら、社会を変えていくための方途を考える。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る