• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フードバンクという挑戦」大原悦子著

 フードバンクとは、まだ食べられるのに「売り物にならないから」と捨てられていた食品を寄付してもらい、食べ物に困っている人に無料で届ける活動を行う団体や、システムのこと。米国で40年以上前に始まり、日本でも広まりつつあるこの取り組みの歴史や現状、課題を伝えるリポート。

 パッケージに記された原材料の表示順序が誤っていただけで店頭から回収された10万個のシューマイなど、日本の食品ロスは年間600万トンを超える。

 そうした食品ロスが生まれる背景から、日本でフードバンクが始まった経緯、そして活動を担うNPO法人が抱える問題や企業側の新たな動きなど。現場を取材しながら、社会を変えていくための方途を考える。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る