「フードバンクという挑戦」大原悦子著

公開日: 更新日:

 フードバンクとは、まだ食べられるのに「売り物にならないから」と捨てられていた食品を寄付してもらい、食べ物に困っている人に無料で届ける活動を行う団体や、システムのこと。米国で40年以上前に始まり、日本でも広まりつつあるこの取り組みの歴史や現状、課題を伝えるリポート。

 パッケージに記された原材料の表示順序が誤っていただけで店頭から回収された10万個のシューマイなど、日本の食品ロスは年間600万トンを超える。

 そうした食品ロスが生まれる背景から、日本でフードバンクが始まった経緯、そして活動を担うNPO法人が抱える問題や企業側の新たな動きなど。現場を取材しながら、社会を変えていくための方途を考える。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る