「人工知能は私たちを滅ぼすのか」児玉哲彦著

公開日: 更新日:

 プロ棋士を圧倒するなど、性能が飛躍的に向上している人工知能が、新たなパラダイムシフトを世界にもたらそうとしている。開発者たちのゴールは、人間と同じように考えたり感じたりする心を持った機械を実現することであり、それは神の領域に足を踏み入れることでもある。本書は、2030年に生きる大学生のマリを主人公に、人工知能の開発の歴史を概観しながら、人工知能が実現するであろう未来の世界を描き出すサイエンスフィクション。

 人工知能の概念を発明した悲劇の天才の物語から、急速な発達で神の存在に近づく人工知能がもたらす暮らしや仕事の変化。そしてその行きつく先に待っている人工知能と人間の関係を予測する。

(ダイヤモンド社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る