「人工知能は私たちを滅ぼすのか」児玉哲彦著

公開日: 更新日:

 プロ棋士を圧倒するなど、性能が飛躍的に向上している人工知能が、新たなパラダイムシフトを世界にもたらそうとしている。開発者たちのゴールは、人間と同じように考えたり感じたりする心を持った機械を実現することであり、それは神の領域に足を踏み入れることでもある。本書は、2030年に生きる大学生のマリを主人公に、人工知能の開発の歴史を概観しながら、人工知能が実現するであろう未来の世界を描き出すサイエンスフィクション。

 人工知能の概念を発明した悲劇の天才の物語から、急速な発達で神の存在に近づく人工知能がもたらす暮らしや仕事の変化。そしてその行きつく先に待っている人工知能と人間の関係を予測する。

(ダイヤモンド社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード