「人工知能は私たちを滅ぼすのか」児玉哲彦著

公開日:  更新日:

 プロ棋士を圧倒するなど、性能が飛躍的に向上している人工知能が、新たなパラダイムシフトを世界にもたらそうとしている。開発者たちのゴールは、人間と同じように考えたり感じたりする心を持った機械を実現することであり、それは神の領域に足を踏み入れることでもある。本書は、2030年に生きる大学生のマリを主人公に、人工知能の開発の歴史を概観しながら、人工知能が実現するであろう未来の世界を描き出すサイエンスフィクション。

 人工知能の概念を発明した悲劇の天才の物語から、急速な発達で神の存在に近づく人工知能がもたらす暮らしや仕事の変化。そしてその行きつく先に待っている人工知能と人間の関係を予測する。

(ダイヤモンド社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る