「昭和の東京 映画は名画座」青木圭一郎著

公開日: 更新日:

 青春時代に足しげく通った名画座の思い出と、各館の歴史をつづったシネマエッセー。

 昭和39年、中学3年生のときに見たリバイバル公開の「戦争と平和」で映画に開眼。やがて、池袋の日勝地下(座席数277)という名画座の存在を知る。当時の名画座は、2本立てが100円で見られ、昼食代を映画に回して通ったという。同じく池袋の文芸坐(530席)では昭和47年から週末のオールナイト上映が始まり、毎回4本から6本を上映。400円均一の座席は毎回、ほぼ埋まり、タイトルにひいきの出演者がクレジットされると、常連客から拍手や掛け声がかかったという。

 著者が通った都内約70館を網羅し、往時の空気を伝える。

(ワイズ出版 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る