「昭和の東京 映画は名画座」青木圭一郎著

公開日: 更新日:

 青春時代に足しげく通った名画座の思い出と、各館の歴史をつづったシネマエッセー。

 昭和39年、中学3年生のときに見たリバイバル公開の「戦争と平和」で映画に開眼。やがて、池袋の日勝地下(座席数277)という名画座の存在を知る。当時の名画座は、2本立てが100円で見られ、昼食代を映画に回して通ったという。同じく池袋の文芸坐(530席)では昭和47年から週末のオールナイト上映が始まり、毎回4本から6本を上映。400円均一の座席は毎回、ほぼ埋まり、タイトルにひいきの出演者がクレジットされると、常連客から拍手や掛け声がかかったという。

 著者が通った都内約70館を網羅し、往時の空気を伝える。

(ワイズ出版 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

もっと見る

人気キーワード