「緑衣のメトセラ」福田和代著

公開日: 更新日:

 フリーライターのアキは、幼馴染みの千足から、近所の高級老人ホーム「メゾンメトセラ」の入居者はがんの発生率が高いという噂を聞き、興味を抱く。ホームは隣接する不破病院が経営。院長の不破は、アンチエイジングの研究をしているらしい。内情を取材しようとしているアキの役に立とうと、千足が病院の調理場でアルバイトを始める。数週間後、千足が急死。死因は、マールブルグ出血熱の感染だった。地下の保管所に立ち入り、感染性廃棄物に接触してしまったらしい。千足の死に責任を感じるアキは、ボランティアとして病院に潜入。やがてアキは地下で緑色の実験動物が飼育されていることを知る。

 注目の気鋭によるサイエンスミステリー。(集英社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る