日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏

1956年、埼玉県生まれ。早大政経学部卒。ノンフィクション、エッセー、小説など幅広く執筆中。著書に「エロ本黄金時代」「東京最後の異界 鶯谷」ほか多数。

元神童・絶倫男が説くセックステクニック

「偏差値78のAV男優が考えるセックス幸福論」森林原人著(講談社 600円+税)

 ラ・サール、栄光、麻布、筑波大付属駒場という超難関校すべて合格、東大進学率70%の筑波大付属駒場中学に進学、地元では神童と呼ばれた少年がいた。

 彼は今、森林原人という名前でAV男優の頂点に立つ。

〈二十歳から始めて三十七歳の今に至るまで、八千人と一万回以上セックスしてきました。多い時で日に十八人。〉

 そんな元神童・絶倫男が実体験で得たさまざまなテクニック、教訓、哲学を書き下ろした。

 筑波大駒場という最高峰に進学するも、周りには天才がごろごろいて、自信喪失になる。日銀黒田総裁をはじめ、科学者、教授、官僚といったエリートを輩出してきた学校である。思春期に性欲が肥大し、日夜悶々として勉強が手につかなくなり、成績は急降下。浪人してやっと私立中堅大に進学、社交ダンスサークルに入部するが、誰にも相手になってもらえず、鏡の前でひとりレッスンするばかりだった。

 女にモテたい、やりたい一心でAV現場に参加していくうちに、男優が本業となる。

 女性教師をレイプするシーンでは熱が入り過ぎて未発に終わってしまう。休憩中に相手役の女優から女の心理を聞かされる。学習能力がずばぬけている神童は即座に応用する。

〈口では「言われた通りにしろ! 痛い目に遭いたくなかったらおとなしく股開け!」なんて感じのことをきつく言いながら、手を優しく握っていたり、「使い物になんなくしてやる」って言いながら激しくピストンして攻めておいて、耳元で「痛くない?」と確認したり。〉

 豊富な性体験を積みながら、森林は意外なことを説く。

〈セックスをしても、結局相手の何もわからないというのが僕の結論です。〉

 だからこそ、人間は何度でも性を探訪したくなるのだ。裸の哲学者・森林原人の説く性の弁証法は深淵である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事