元やくざ・俳優の安藤昇の回想録

公開日: 更新日:

「ヤクザのカリスマ」鈴木智彦著(ミリオン出版 1000円+税)

〈やっと上がってきたと思ったらパッと拳銃を構えやがって、「神妙にしろ」。ふざけるなっていうんだ。こっちはさっきから神妙にしているじゃねえか(笑)〉

 元やくざ・俳優・作家の安藤昇の回想である。

 本書はタイトル通り、戦後の大物やくざの一生と肉声を扱った熱い中身になっている。なかでも熱いのが昨年暮れ、亡くなった安藤昇だろう。

 組長という呼称は禁止、配下は社長と呼び、スーツにネクタイ着用、指詰め、入れ墨は厳禁、それまでのやくざとは異なる新手のアウトロー集団安藤組を結成した。

 本書では、実業家で乗っ取り王の異名をもつ横井英樹を安藤昇の配下が銃撃した有名な襲撃事件の舞台裏を安藤自身が回想する。

 借りた金を返そうともしない横井は、「金を返さない方法はいくらでもある」と安藤にうそぶく。一代でのし上がった横井英樹は腹の据わった強欲な実業家だった。

 私も横井の生前、強欲伝説を聞いたことがある。横井英樹関連の内装業をやったものの、なかなか代金を払ってくれず、何度も要求したところ、やっと払ってもらったという工事主がいた。

「払ってくれたのはいいけど、麻袋に1円玉詰め込んできました(苦笑)」

 メンツを潰された安藤昇は銃撃という報復にいたる。冒頭は、指名手配された安藤が刑事たちに逮捕される瞬間である。

 出所して組を解散した安藤は俳優として復活、ときにはプロデューサーとして映画にかかわる。「やくざ残酷秘録 片腕切断」(東映・1976年)では、企画・ナレーションを担当、やくざの指を詰めたり、腕が切断される衝撃的なシーンが出てくるのだが――。

〈腕の切断はやらせ〉であり、〈指を詰めるシーンは本物〉であった。

 伝説のアウトローに肉薄する、体当たり主義の著者にしか書けない新作である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード