「5人のジュンコ」真梨幸子著

公開日: 更新日:

 2014年2月、淳子は中学時代の同級生・純子が殺人容疑で逮捕されたことを知る。報道によると、純子と接点があった男性が5人も不審死しているという。二十数年前、嘘つきで、自我が強い純子に翻弄され、学校生活を台無しにされた淳子の脳裏に当時の苦い思い出が蘇る。

 数日後、高名なノンフィクション作家のアシスタントと名乗る女が、淳子が純子の親友だったと聞きつけ取材に来た。彼女の名前も絢子だった。淳子は取材を受けたカフェに同僚のヤスカワが居合わせていたと知り絶望する。きっと明日には職場内に根も葉もない噂が広まっていることだろうと。

 純子と同名だったがゆえに運命を狂わされた女たちを描く長編小説。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る