「5人のジュンコ」真梨幸子著

公開日:  更新日:

 2014年2月、淳子は中学時代の同級生・純子が殺人容疑で逮捕されたことを知る。報道によると、純子と接点があった男性が5人も不審死しているという。二十数年前、嘘つきで、自我が強い純子に翻弄され、学校生活を台無しにされた淳子の脳裏に当時の苦い思い出が蘇る。

 数日後、高名なノンフィクション作家のアシスタントと名乗る女が、淳子が純子の親友だったと聞きつけ取材に来た。彼女の名前も絢子だった。淳子は取材を受けたカフェに同僚のヤスカワが居合わせていたと知り絶望する。きっと明日には職場内に根も葉もない噂が広まっていることだろうと。

 純子と同名だったがゆえに運命を狂わされた女たちを描く長編小説。(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る