「九十九怪談 第七夜」木原浩勝著

公開日:  更新日:

 実話怪談を編んだ人気シリーズ第7弾。

 中学生のときに大雨で自宅近くの池が決壊。翌朝、多くの住人たちが池に集まっていた。見物に行くと、水がなくなった池の底にテレビや食器棚、冷蔵庫がトースターの乗った3本足のテーブルを囲むように並び、誰かが6畳間で暮らしているかのようだったというKさんの話。

 その他、ハイキング中にすれ違ったイケメン3人組と握手をして別れた後、身に着けていたはずの下着がなくなっていることに気づいた女性たちの話や、夜、衝撃を感じて目覚めると着物姿の女が腹の上に正座しており、やがて女は2段ベッドの上段にめり込むように消えていったという自衛隊員の証言など、背筋が凍る99話を収録。(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る