「九十九怪談 第七夜」木原浩勝著

公開日: 更新日:

 実話怪談を編んだ人気シリーズ第7弾。

 中学生のときに大雨で自宅近くの池が決壊。翌朝、多くの住人たちが池に集まっていた。見物に行くと、水がなくなった池の底にテレビや食器棚、冷蔵庫がトースターの乗った3本足のテーブルを囲むように並び、誰かが6畳間で暮らしているかのようだったというKさんの話。

 その他、ハイキング中にすれ違ったイケメン3人組と握手をして別れた後、身に着けていたはずの下着がなくなっていることに気づいた女性たちの話や、夜、衝撃を感じて目覚めると着物姿の女が腹の上に正座しており、やがて女は2段ベッドの上段にめり込むように消えていったという自衛隊員の証言など、背筋が凍る99話を収録。(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る