「研究不正」黒木登志夫著

公開日:  更新日:

 この15年間でノーベル賞の自然科学3部門を受賞した日本人の数は米国に次いで2位。一方で、研究不正などで撤回された論文のワースト30に5人もの日本人が名を連ねているという。日本人による研究不正は、21世紀に入って急速に増えたのだそうだ。

 記憶にも新しいSTAP細胞や、製薬会社によって仕組まれたノバルティス事件をはじめ、原著論文216報のうち、捏造のない論文は3報だけで、あたかも小説を書くように論文を作成したと糾弾された麻酔科医など、日本をはじめ各国の研究不正の事例42を検証。

 不正の実態とそこに至った背景と、当事者たちがたどった結末などを紹介しながら、不正防止のためにどうすべきかを考える。(中央公論新社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る