• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「研究不正」黒木登志夫著

 この15年間でノーベル賞の自然科学3部門を受賞した日本人の数は米国に次いで2位。一方で、研究不正などで撤回された論文のワースト30に5人もの日本人が名を連ねているという。日本人による研究不正は、21世紀に入って急速に増えたのだそうだ。

 記憶にも新しいSTAP細胞や、製薬会社によって仕組まれたノバルティス事件をはじめ、原著論文216報のうち、捏造のない論文は3報だけで、あたかも小説を書くように論文を作成したと糾弾された麻酔科医など、日本をはじめ各国の研究不正の事例42を検証。

 不正の実態とそこに至った背景と、当事者たちがたどった結末などを紹介しながら、不正防止のためにどうすべきかを考える。(中央公論新社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る