「補欠廃止論」セルジオ越後著

公開日:  更新日:

 日本の団体スポーツが強くならないのは、学校の部活動における「補欠制度」が原因だと説く著者によるスポーツ改革論。

 著者が問題視する補欠は、試合に出る可能性が全くないベンチ外の選手のことで「控え選手」は含まない。部活という教育現場で補欠が存在するのはとんでもないことだと著者は憤る。

 学校で、成績が悪いあなたは補欠だから、授業は受けられませんが、毎日登校して仲間を応援してくださいと言われたら本人や親は怒るだろうと。補欠制度を生み出した背景を解説しながら、スポーツがうまくなるためには補欠の悔しさではなく、試合を楽しんだ上で失点やうまくプレーできなかった悔しさを味わうことこそ大切だと説く。(ポプラ社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る