• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「補欠廃止論」セルジオ越後著

 日本の団体スポーツが強くならないのは、学校の部活動における「補欠制度」が原因だと説く著者によるスポーツ改革論。

 著者が問題視する補欠は、試合に出る可能性が全くないベンチ外の選手のことで「控え選手」は含まない。部活という教育現場で補欠が存在するのはとんでもないことだと著者は憤る。

 学校で、成績が悪いあなたは補欠だから、授業は受けられませんが、毎日登校して仲間を応援してくださいと言われたら本人や親は怒るだろうと。補欠制度を生み出した背景を解説しながら、スポーツがうまくなるためには補欠の悔しさではなく、試合を楽しんだ上で失点やうまくプレーできなかった悔しさを味わうことこそ大切だと説く。(ポプラ社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る