「補欠廃止論」セルジオ越後著

公開日: 更新日:

 日本の団体スポーツが強くならないのは、学校の部活動における「補欠制度」が原因だと説く著者によるスポーツ改革論。

 著者が問題視する補欠は、試合に出る可能性が全くないベンチ外の選手のことで「控え選手」は含まない。部活という教育現場で補欠が存在するのはとんでもないことだと著者は憤る。

 学校で、成績が悪いあなたは補欠だから、授業は受けられませんが、毎日登校して仲間を応援してくださいと言われたら本人や親は怒るだろうと。補欠制度を生み出した背景を解説しながら、スポーツがうまくなるためには補欠の悔しさではなく、試合を楽しんだ上で失点やうまくプレーできなかった悔しさを味わうことこそ大切だと説く。(ポプラ社 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード