「アルスラーン戦記15 戦旗不倒」田中芳樹著

公開日:  更新日:

 テュニプは、客将軍クシャーフルを名乗っていたパルス王家の生き残りヒルメスを追放し、ミスル国の覇権を掌握。ミスル国都アクムールに戻ってきたパルス人商人のラヴァンは、ヒルメスの逃走後、客将軍府に軟禁されている孔雀姫フィトナに面会。フィトナは、ラヴァンから自分がパルス王国前王アンドラゴラス3世とタハミーネ王妃との間に生まれた王女だと教えられる。

 ラヴァンは、フィトナにミスルの武力を利用し、僭王アルスラーンを倒しパルスの王女となるよう進言。そのためにまずはミスルの王妃となるよう仕向ける。

 テュニプをはじめ、四方を難敵に包囲され、絶体絶命に陥ったアルスラーンの戦いを描くファンタジーシリーズ最新刊。(光文社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る