「戦地の図書館」モリー・グプティル・マニング著、松尾恭子訳

公開日: 更新日:

 第2次世界大戦中、米国が展開した史上最大の図書作戦の全貌を描くノンフィクション。

 ナチスは1933年から「非ドイツ的」書籍を消滅させるため、政府公認の焚書を実行。欧州の国々で1億冊以上の書籍が燃やされたという。一方の米国は、兵士の士気を保つために必要だと、陸海軍が前線に本を供給した。

 全国の図書館員は「本は武器である」と寄付で集まった本を兵士に送る戦勝図書運動を展開。出版業界は戦地でも読みやすいペーパーバックの「兵隊文庫」を出版した。前線の兵士たちは、本を読み、遠く離れた故郷を思い、地獄のような現実をひと時忘れたという。兵士たちの手紙などを紹介しながら、忘れられた歴史を伝える。(東京創元社 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る