「戦地の図書館」モリー・グプティル・マニング著、松尾恭子訳

公開日:  更新日:

 第2次世界大戦中、米国が展開した史上最大の図書作戦の全貌を描くノンフィクション。

 ナチスは1933年から「非ドイツ的」書籍を消滅させるため、政府公認の焚書を実行。欧州の国々で1億冊以上の書籍が燃やされたという。一方の米国は、兵士の士気を保つために必要だと、陸海軍が前線に本を供給した。

 全国の図書館員は「本は武器である」と寄付で集まった本を兵士に送る戦勝図書運動を展開。出版業界は戦地でも読みやすいペーパーバックの「兵隊文庫」を出版した。前線の兵士たちは、本を読み、遠く離れた故郷を思い、地獄のような現実をひと時忘れたという。兵士たちの手紙などを紹介しながら、忘れられた歴史を伝える。(東京創元社 2500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る