「やせる力 骨ストレッチ」松村卓著

公開日: 更新日:

 手の親指と小指をつなぎ、体の節々にある骨を押さえる「骨ストレッチ」について、考案者である著者がその実践方法を解説する。

 たるんだ腹を引き締めたいなら、「鎖骨ひねり」がお勧めだ。足を肩幅に開いて立ち、両手の親指と小指で左右の鎖骨の上下を掴んだら、顔は正面に向けたまま体を左右にひねる。7回1セットで3~4回繰り返そう。

 顔のゆがみやむくみを取り除いて小顔になりたいなら、右手の親指と小指で右耳をつまみ、左手の親指と小指で鼻をつまんで顔をまわす「蝶形骨ストレッチ」が効く。左右で7回程度行えばOKだ。

 これらのメソッドをやってみると、体が抑制されて非常に動かしにくいことが分かる。その代わりに体幹が効果的に刺激され、やせやすくなるそうだ。(文藝春秋 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る