「やせる力 骨ストレッチ」松村卓著

公開日:  更新日:

 手の親指と小指をつなぎ、体の節々にある骨を押さえる「骨ストレッチ」について、考案者である著者がその実践方法を解説する。

 たるんだ腹を引き締めたいなら、「鎖骨ひねり」がお勧めだ。足を肩幅に開いて立ち、両手の親指と小指で左右の鎖骨の上下を掴んだら、顔は正面に向けたまま体を左右にひねる。7回1セットで3~4回繰り返そう。

 顔のゆがみやむくみを取り除いて小顔になりたいなら、右手の親指と小指で右耳をつまみ、左手の親指と小指で鼻をつまんで顔をまわす「蝶形骨ストレッチ」が効く。左右で7回程度行えばOKだ。

 これらのメソッドをやってみると、体が抑制されて非常に動かしにくいことが分かる。その代わりに体幹が効果的に刺激され、やせやすくなるそうだ。(文藝春秋 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る