「NASA式 最強の健康法」ジョーン・ヴァーニカス著 堀川志野舞訳

公開日:  更新日:

 無重力空間で過ごした宇宙飛行士は骨や筋肉が弱ることが知られているが、座りっぱなしで体を動かさない現代人のライフスタイルも、同じような悪影響を与えることが明らかになってきた。

 宇宙ほど急激ではないものの、1年間で骨密度や筋肉量が1%ずつ減少し、心血管機能も低下するなど、全身に衰えが及ぶ。さらに、血管平滑筋の内皮細胞が減少し、勃起力が弱まることも分かってきたというから恐ろしい。

 本書ではNASA式のエクササイズを紹介しているが、大切なのは1日に何度も立ち上がること。そのたびに血管が収縮して血流やホルモンに変化が起き、神経も刺激される。1日8時間以上デスクワークをしているビジネスパーソンは、今日からでも頻繁に立ち上がる習慣をつけよう。(ポプラ社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る