「NASA式 最強の健康法」ジョーン・ヴァーニカス著 堀川志野舞訳

公開日:  更新日:

 無重力空間で過ごした宇宙飛行士は骨や筋肉が弱ることが知られているが、座りっぱなしで体を動かさない現代人のライフスタイルも、同じような悪影響を与えることが明らかになってきた。

 宇宙ほど急激ではないものの、1年間で骨密度や筋肉量が1%ずつ減少し、心血管機能も低下するなど、全身に衰えが及ぶ。さらに、血管平滑筋の内皮細胞が減少し、勃起力が弱まることも分かってきたというから恐ろしい。

 本書ではNASA式のエクササイズを紹介しているが、大切なのは1日に何度も立ち上がること。そのたびに血管が収縮して血流やホルモンに変化が起き、神経も刺激される。1日8時間以上デスクワークをしているビジネスパーソンは、今日からでも頻繁に立ち上がる習慣をつけよう。(ポプラ社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る