• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「都会の里海 東京湾」木村尚著

 長年、東京湾の再生に尽力してきた著者が、その魅力を伝えるエッセー。

 東京湾は、神奈川県観音崎と千葉県富津岬を結んだ線の北側が内湾、それより南側から神奈川県剱崎と千葉県洲崎を結んだ線までを外湾と呼び、総面積は約1380平方キロに及ぶ。内湾は比較的浅いが、外湾はいっきに600メートルまで水深が深くなる。河川から流れ込む水と海水が混ざり生み出す豊富なプランクトンによって、約700種もの魚が暮らす豊かな生態系を形成する東京湾は、世界でも希有な存在なのだという。

 一方で沿岸や河川流域には3000万人が暮らしており、さまざまな形で東京湾はダメージを受けている。かつて「死の海」と呼ばれながら蘇った東京湾の「今」を解説する。(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る