「都会の里海 東京湾」木村尚著

公開日: 更新日:

 長年、東京湾の再生に尽力してきた著者が、その魅力を伝えるエッセー。

 東京湾は、神奈川県観音崎と千葉県富津岬を結んだ線の北側が内湾、それより南側から神奈川県剱崎と千葉県洲崎を結んだ線までを外湾と呼び、総面積は約1380平方キロに及ぶ。内湾は比較的浅いが、外湾はいっきに600メートルまで水深が深くなる。河川から流れ込む水と海水が混ざり生み出す豊富なプランクトンによって、約700種もの魚が暮らす豊かな生態系を形成する東京湾は、世界でも希有な存在なのだという。

 一方で沿岸や河川流域には3000万人が暮らしており、さまざまな形で東京湾はダメージを受けている。かつて「死の海」と呼ばれながら蘇った東京湾の「今」を解説する。(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る

人気キーワード