「早慶MARCH」小林哲夫著

公開日:  更新日:

 早慶MARCH=早稲田、慶応義塾、明治、青山学院、立教、中央、法政の7大学のこと。歴史と伝統を誇り、大学全入時代にあっても志願者が増加しているという7大学を解説した大学案内。

 まずは一般入試志願者や受験倍率を分析。ここ3年は近畿大学が志願者数日本一の座を保っているが、その前は明治が4年連続、さらにその前は早稲田が11年連続1位だった。学費(初年度納付金)の比較や入試難易度、就職実績などの最新情報も紹介。相模原から都心に回帰した青山学院などロケーションや施設、肝心の教育内容、さらには学生食堂の充実度や女子大生のおしゃれ度まで。親世代とは全く違う7大学の現状を豊富なデータとともに紹介する。(朝日新聞出版 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る