• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「暗殺者の反撃(上・下)」マーク・グリーニー著、伏見威蕃訳

 コート・ジェントリーを主人公にしたシリーズの第5作だが、「見つけ次第射殺」というCIA指令はなぜ出されたのか、その謎がついに解明される長編である。

 このジェントリー・シリーズは、1作ずつ独立しているのでどこから読んでも面白く、続けて読めばもっと面白い冒険小説である、ということを最初にお断りしておきたい。だからこれまでの4作を未読の方でも大丈夫。いきなりこれを読まれたい。

 世界中を逃げ回っていたジェントリーが今回はアメリカに帰国する。CIA指令を出した張本人、国家秘密本部の本部長カーマイケルを問い詰めるためだ。もちろん危険は承知のうえだ。それを知ったカーマイケルはCIA局員だけでなく、なんとサウジアラビア統合情報統括部のアメリカ支局長カザズにジェントリー抹殺を依頼する。アメリカ国内でサウジアラビア情報部員の違法活動を認めるのだから、カーマイケルも追い詰められている。

 なぜそれほどまでにジェントリーを抹殺しなければならないのか。謎はどんどん深まっていく。

 とにかくアクションの切れが半端じゃないのだ。手に汗握ることは必至。全編に緊迫感がみなぎっているのはディテールがいいからで、ハラハラドキドキがこれほど長く続くのも珍しい。特に、ラストが圧巻。死地に赴くジェントリーは果たして生還できるのか。そのあとの死闘をたっぷりと堪能していただきたい。(早川書房 各920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る