• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「暗殺者の反撃(上・下)」マーク・グリーニー著、伏見威蕃訳

 コート・ジェントリーを主人公にしたシリーズの第5作だが、「見つけ次第射殺」というCIA指令はなぜ出されたのか、その謎がついに解明される長編である。

 このジェントリー・シリーズは、1作ずつ独立しているのでどこから読んでも面白く、続けて読めばもっと面白い冒険小説である、ということを最初にお断りしておきたい。だからこれまでの4作を未読の方でも大丈夫。いきなりこれを読まれたい。

 世界中を逃げ回っていたジェントリーが今回はアメリカに帰国する。CIA指令を出した張本人、国家秘密本部の本部長カーマイケルを問い詰めるためだ。もちろん危険は承知のうえだ。それを知ったカーマイケルはCIA局員だけでなく、なんとサウジアラビア統合情報統括部のアメリカ支局長カザズにジェントリー抹殺を依頼する。アメリカ国内でサウジアラビア情報部員の違法活動を認めるのだから、カーマイケルも追い詰められている。

 なぜそれほどまでにジェントリーを抹殺しなければならないのか。謎はどんどん深まっていく。

 とにかくアクションの切れが半端じゃないのだ。手に汗握ることは必至。全編に緊迫感がみなぎっているのはディテールがいいからで、ハラハラドキドキがこれほど長く続くのも珍しい。特に、ラストが圧巻。死地に赴くジェントリーは果たして生還できるのか。そのあとの死闘をたっぷりと堪能していただきたい。(早川書房 各920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る