北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「エースナンバー」須賀しのぶ著

公開日:  更新日:

 弱小公立校の三ツ木高校野球部を舞台にした連作長編である。まず冒頭では、三ツ木高校に赴任した若杉が野球部の監督を任命される。この27歳の生物教師は野球の素人なのですべてがわからないことだらけ。手さぐりで生徒たちと接していく。

 次に登場するのは新聞記者の泉千納。彼女は新人なので甲子園のアルプススタンドを駆け上がったり下りたりして関係者のコメントを集めまわる。デスクから求められる記事は必ずしも自分の書きたいものとは一致せず、どうしてと不満が渦巻いている。美人は得だよなあと言う他社の記者にも腹が立つし、けっして楽な仕事ではない。

 3編を収録した連作集だが、このように、高校野球をまず外側から描き、そして最後にもっとも長いパートに突入していく。ここに登場するのは高校球児で、ようやく彼らが主役となる。野球部を辞めた笛吹龍馬は本当に復部するのか、この一点に向かって物語は進んでいく。その間にさまざまなドラマがある。高校の部活としての野球部はどうあるべきか、という問題がまずある。勝つということと、教育ということ。この2つが両立しないとき、どちらを優先させるべきなのか、という永遠の課題が背景にあるのだ。

 前作「雲は湧き、光あふれて」の続編とも言うべき小説だが、独立した作品として読むことが可能なので、前作を未読の方も安心して手に取られたい。(集英社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る