• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「旅芸人のいた風景」沖浦和光著

 日本の文化の基層をなし、民俗を豊かにしてきた「遊芸民」をテーマにした民衆文化論。

 近世、民衆社会に溶け込んでいた遊行者や遊芸民の多くは、家内安全・五穀豊穣・商売繁盛の予祝祈願、災いを除去する加持祈祷、占いなどの儀礼で生活していた。明治維新後、彼らは抑圧され次第に姿を消していったが、それでも著者が少年時代を過ごした昭和前期は、新春にはどこからともなく、門付け芸人がやって来たという。近世後期の資料によれば、京都・大坂・江戸だけで、門付け芸や大道芸は300種に及んだそうだ。彼ら遊芸民の多くは被差別民層だった。そうした遊芸民が、民間信仰や祭祀儀礼の歴史の中で果たしてきた役割を考察する。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る