• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「旅芸人のいた風景」沖浦和光著

 日本の文化の基層をなし、民俗を豊かにしてきた「遊芸民」をテーマにした民衆文化論。

 近世、民衆社会に溶け込んでいた遊行者や遊芸民の多くは、家内安全・五穀豊穣・商売繁盛の予祝祈願、災いを除去する加持祈祷、占いなどの儀礼で生活していた。明治維新後、彼らは抑圧され次第に姿を消していったが、それでも著者が少年時代を過ごした昭和前期は、新春にはどこからともなく、門付け芸人がやって来たという。近世後期の資料によれば、京都・大坂・江戸だけで、門付け芸や大道芸は300種に及んだそうだ。彼ら遊芸民の多くは被差別民層だった。そうした遊芸民が、民間信仰や祭祀儀礼の歴史の中で果たしてきた役割を考察する。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る