「旅芸人のいた風景」沖浦和光著

公開日: 更新日:

 日本の文化の基層をなし、民俗を豊かにしてきた「遊芸民」をテーマにした民衆文化論。

 近世、民衆社会に溶け込んでいた遊行者や遊芸民の多くは、家内安全・五穀豊穣・商売繁盛の予祝祈願、災いを除去する加持祈祷、占いなどの儀礼で生活していた。明治維新後、彼らは抑圧され次第に姿を消していったが、それでも著者が少年時代を過ごした昭和前期は、新春にはどこからともなく、門付け芸人がやって来たという。近世後期の資料によれば、京都・大坂・江戸だけで、門付け芸や大道芸は300種に及んだそうだ。彼ら遊芸民の多くは被差別民層だった。そうした遊芸民が、民間信仰や祭祀儀礼の歴史の中で果たしてきた役割を考察する。(河出書房新社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る