「アメリカ歴代大統領の通信簿」八幡和郎著

公開日: 更新日:

 歴代大統領の功績を通信簿化して、米民主主義の歴史と未来を俯瞰する解説書。

 最高評価は、ワシントン(初代)、ポーク(11代)、リンカーン(16代)、セオドア(26代)とフランクリン(32代)の両ルーズベルトの5人。

 ワシントンは、米大統領というポストは、彼という適任者がいたからこそ創始されたというくらい別格的存在だという。普通ならジェファーソン(3代)も最高ランクなのだが、先住民族に対する抑圧政策の立役者だからとBランクに。一方、戦後はすべて低レベルで、中でもブッシュ(子・43代)にいたっては、すべての面で評価すべきことが見当たらないと最低評価。大統領選の仕組みと問題点なども解説したタイムリー本。(祥伝社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

もっと見る