• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「参勤交代の真相」安藤優一郎著

 参勤交代をテーマにした歴史読み物テキスト。

 参勤交代は、江戸幕府の誕生とともに始まり、3代将軍家光の代に制度として確立した。将軍が家臣たちをお膝元に強制的に住まわせることは、古来見られたが、江戸幕府はそれを義務化。元和8(1622)年には江戸参勤に加え諸大名の妻子を人質として江戸屋敷に置く流れがつくられていく。加賀百万石の前田家は4000人に及んだという大名行列の人数のマジックやその陣容の内訳、持ち物、1日平均30キロ以上歩いたという移動距離、天災や宿泊場所での支払いなどのさまざまなトラブル、そしてペリー来航を機に協議された制度の改定とその後の消滅まで。江戸幕府存続の根幹をなした江戸参勤制度のすべてを解説する。(徳間書店 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る