「参勤交代の真相」安藤優一郎著

公開日: 更新日:

 参勤交代をテーマにした歴史読み物テキスト。

 参勤交代は、江戸幕府の誕生とともに始まり、3代将軍家光の代に制度として確立した。将軍が家臣たちをお膝元に強制的に住まわせることは、古来見られたが、江戸幕府はそれを義務化。元和8(1622)年には江戸参勤に加え諸大名の妻子を人質として江戸屋敷に置く流れがつくられていく。加賀百万石の前田家は4000人に及んだという大名行列の人数のマジックやその陣容の内訳、持ち物、1日平均30キロ以上歩いたという移動距離、天災や宿泊場所での支払いなどのさまざまなトラブル、そしてペリー来航を機に協議された制度の改定とその後の消滅まで。江戸幕府存続の根幹をなした江戸参勤制度のすべてを解説する。(徳間書店 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る