「参勤交代の真相」安藤優一郎著

公開日:  更新日:

 参勤交代をテーマにした歴史読み物テキスト。

 参勤交代は、江戸幕府の誕生とともに始まり、3代将軍家光の代に制度として確立した。将軍が家臣たちをお膝元に強制的に住まわせることは、古来見られたが、江戸幕府はそれを義務化。元和8(1622)年には江戸参勤に加え諸大名の妻子を人質として江戸屋敷に置く流れがつくられていく。加賀百万石の前田家は4000人に及んだという大名行列の人数のマジックやその陣容の内訳、持ち物、1日平均30キロ以上歩いたという移動距離、天災や宿泊場所での支払いなどのさまざまなトラブル、そしてペリー来航を機に協議された制度の改定とその後の消滅まで。江戸幕府存続の根幹をなした江戸参勤制度のすべてを解説する。(徳間書店 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る