「参勤交代の真相」安藤優一郎著

公開日: 更新日:

 参勤交代をテーマにした歴史読み物テキスト。

 参勤交代は、江戸幕府の誕生とともに始まり、3代将軍家光の代に制度として確立した。将軍が家臣たちをお膝元に強制的に住まわせることは、古来見られたが、江戸幕府はそれを義務化。元和8(1622)年には江戸参勤に加え諸大名の妻子を人質として江戸屋敷に置く流れがつくられていく。加賀百万石の前田家は4000人に及んだという大名行列の人数のマジックやその陣容の内訳、持ち物、1日平均30キロ以上歩いたという移動距離、天災や宿泊場所での支払いなどのさまざまなトラブル、そしてペリー来航を機に協議された制度の改定とその後の消滅まで。江戸幕府存続の根幹をなした江戸参勤制度のすべてを解説する。(徳間書店 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード