「世界一周飲み歩き」イシコ著

公開日:  更新日:

 コップ一杯のビールで赤くなるという旅人による、世界を股に掛けた飲み歩きエッセー。

 ラオスとの国境にあるタイ東北部の町「ムクダハン」では、誘われるまま高校で生徒たちの踊りを観賞することに。貴賓待遇の接待を受け、ついにはステージに呼ばれて踊るうちに、恋人のように美女と2人、ストローでつぼ酒を飲むことになってしまう。その後の校長の挨拶で不可解だった好待遇の真相が分かるのだが、それは本書で。

 その他、ロンドンのクラブでジンの栄養ドリンク割りを飲んで正体を失ってしまったエピソードや、チェコ人の友人と彼女の父親と飲んだプラハの夜、電灯のないアフリカ・ブルキナファソの屋外レストランの暗闇で飲むビールなど、行く先々で何かが起きる著者の珍道中に爆笑。(朝日新聞出版 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る