「世界一周飲み歩き」イシコ著

公開日: 更新日:

 コップ一杯のビールで赤くなるという旅人による、世界を股に掛けた飲み歩きエッセー。

 ラオスとの国境にあるタイ東北部の町「ムクダハン」では、誘われるまま高校で生徒たちの踊りを観賞することに。貴賓待遇の接待を受け、ついにはステージに呼ばれて踊るうちに、恋人のように美女と2人、ストローでつぼ酒を飲むことになってしまう。その後の校長の挨拶で不可解だった好待遇の真相が分かるのだが、それは本書で。

 その他、ロンドンのクラブでジンの栄養ドリンク割りを飲んで正体を失ってしまったエピソードや、チェコ人の友人と彼女の父親と飲んだプラハの夜、電灯のないアフリカ・ブルキナファソの屋外レストランの暗闇で飲むビールなど、行く先々で何かが起きる著者の珍道中に爆笑。(朝日新聞出版 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る