「五〇年酒場へ行こう」大竹聡氏

公開日:  更新日:

 呑み歩きの達人との異名を持つ著者である。さぞや酒にも酒場にも精通していると思いきや、軽快に裏切られた。

「僕、酒の蘊蓄がないんですよ。興味がないから覚えないし。有名な酒場を訪ねる趣味も本来は持っていません。でも今回は、50年続く酒場の歴史や、そこのあるじの人生を書きたかった。僕は今年53歳で、そこに呼応する部分があるんじゃないかと思ったのです。自分の親の年代の人がねじり鉢巻きで店を守っている光景が、心に染みてくる年になったんでしょうね」

 始まりは「新潮45」の連載だ。約3年かけて、34軒の老舗酒場を大酒呑み編集者とともに呑み歩いた。豚のカシラの味噌だれが人気の「大松屋」(東松山)を皮切りに、レモンサワー発祥の店「ばん」(祐天寺)、絶品アンコウ鍋の「丸志げ」(浦安)と名店へ足を運ぶ。

 しかし、訪れる著者の視点は常に新参者。決して食通ぶらず、淡々と酒場の雰囲気を描写する。そして呑む。とにかく呑む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る