「五〇年酒場へ行こう」大竹聡氏

公開日:  更新日:

 呑み歩きの達人との異名を持つ著者である。さぞや酒にも酒場にも精通していると思いきや、軽快に裏切られた。

「僕、酒の蘊蓄がないんですよ。興味がないから覚えないし。有名な酒場を訪ねる趣味も本来は持っていません。でも今回は、50年続く酒場の歴史や、そこのあるじの人生を書きたかった。僕は今年53歳で、そこに呼応する部分があるんじゃないかと思ったのです。自分の親の年代の人がねじり鉢巻きで店を守っている光景が、心に染みてくる年になったんでしょうね」

 始まりは「新潮45」の連載だ。約3年かけて、34軒の老舗酒場を大酒呑み編集者とともに呑み歩いた。豚のカシラの味噌だれが人気の「大松屋」(東松山)を皮切りに、レモンサワー発祥の店「ばん」(祐天寺)、絶品アンコウ鍋の「丸志げ」(浦安)と名店へ足を運ぶ。

 しかし、訪れる著者の視点は常に新参者。決して食通ぶらず、淡々と酒場の雰囲気を描写する。そして呑む。とにかく呑む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る