「『時間の使い方』を科学する」一川誠著

公開日: 更新日:

 基礎心理学的研究の知見をもとに、人間の心の時間的特性を利用した時間管理の方法を解説したテキスト。

 多くの生物が地球の自転に合わせ、体に周期性を取り込んで適応している。その24時間周期の身体変動のリズム「サーカディアンリズム(概日周期)」は、精神活動にもあり、課題の内容によって成績の良くなる時間帯と悪くなる時間帯が変動するという。短期記憶や計算能力などを必要とする課題の成績は、体温が高い時間帯=午後4時ごろから8時ごろに最もよくなるそうだ。

 締め切りが近づかないと仕事に取り掛からない心のメカニズムなどを解き明かしながら、どのように工夫すれば、自らの能力を引き出し、満足度の高い日々を送れるかを教授。(PHP研究所 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  5. 5

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

  6. 6

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  7. 7

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  8. 8

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    国会答弁でまだ下がる 菅支持率は「底なし」の様相

もっと見る

人気キーワード