「『時間の使い方』を科学する」一川誠著

公開日: 更新日:

 基礎心理学的研究の知見をもとに、人間の心の時間的特性を利用した時間管理の方法を解説したテキスト。

 多くの生物が地球の自転に合わせ、体に周期性を取り込んで適応している。その24時間周期の身体変動のリズム「サーカディアンリズム(概日周期)」は、精神活動にもあり、課題の内容によって成績の良くなる時間帯と悪くなる時間帯が変動するという。短期記憶や計算能力などを必要とする課題の成績は、体温が高い時間帯=午後4時ごろから8時ごろに最もよくなるそうだ。

 締め切りが近づかないと仕事に取り掛からない心のメカニズムなどを解き明かしながら、どのように工夫すれば、自らの能力を引き出し、満足度の高い日々を送れるかを教授。(PHP研究所 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る