「レジリエンス入門」内田和俊著

公開日:  更新日:

 思春期の若者向けに書かれた生き方応援書。「レジリエンス」とは、「目の前の逆境やトラブルを乗り越えたり、強いストレスに対処することができる精神力」の意の心理学用語で、いわば「心の自然治癒力」のこと。このレジリエンスは誰にでも備わっており、正しい「やり方」で鍛えれば、確実に強くなるという。

 気分や感情は脳がつくり出しているから、レジリエンスを高めるとは実は脳を鍛えること。一つの出来事や事実を多くの異なる視点から違う見方をする訓練によって、しなやかで折れにくい心が育つという。

 同時代を生きる若者たちのエピソードを交えながら、レジリエンスを高め、さまざまな困難に対処する方法を伝授する。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る