• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長生きしても報われない社会」山岡淳一郎著

 医療や介護への不安や不信から、長生きすることへの恐れが社会全体を覆っている。それを象徴するように、介護や看病疲れによる殺人や無理心中は、未遂を含め年平均1000件以上に上る。

 本書は、人間らしい医療や介護が行われている現場を紹介しながら、現場を基点に、地域、自治体、国へと同心円状に課題を抽出したリポート。

 在宅医療の先駆者である神奈川の杉山孝博医師に同行し、家族が抱える苦労や、独居障害者が訪問診療や介護だけで生活をしている例を紹介しながら、在宅医療の光と影を見つめる。

 その他、みとりや認知症ケア、厚労省推奨の「地域包括ケア」などの最前線を取材。よりよい介護や医療を実現するための方途を示す。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る