「長生きしても報われない社会」山岡淳一郎著

公開日:  更新日:

 医療や介護への不安や不信から、長生きすることへの恐れが社会全体を覆っている。それを象徴するように、介護や看病疲れによる殺人や無理心中は、未遂を含め年平均1000件以上に上る。

 本書は、人間らしい医療や介護が行われている現場を紹介しながら、現場を基点に、地域、自治体、国へと同心円状に課題を抽出したリポート。

 在宅医療の先駆者である神奈川の杉山孝博医師に同行し、家族が抱える苦労や、独居障害者が訪問診療や介護だけで生活をしている例を紹介しながら、在宅医療の光と影を見つめる。

 その他、みとりや認知症ケア、厚労省推奨の「地域包括ケア」などの最前線を取材。よりよい介護や医療を実現するための方途を示す。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る