「長生きしても報われない社会」山岡淳一郎著

公開日:  更新日:

 医療や介護への不安や不信から、長生きすることへの恐れが社会全体を覆っている。それを象徴するように、介護や看病疲れによる殺人や無理心中は、未遂を含め年平均1000件以上に上る。

 本書は、人間らしい医療や介護が行われている現場を紹介しながら、現場を基点に、地域、自治体、国へと同心円状に課題を抽出したリポート。

 在宅医療の先駆者である神奈川の杉山孝博医師に同行し、家族が抱える苦労や、独居障害者が訪問診療や介護だけで生活をしている例を紹介しながら、在宅医療の光と影を見つめる。

 その他、みとりや認知症ケア、厚労省推奨の「地域包括ケア」などの最前線を取材。よりよい介護や医療を実現するための方途を示す。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る