「揺らぐ街」熊谷達也著

公開日:

 東日本大震災から1カ月後、文芸編集者の亜依子は上司の小暮から被災地の宮城県・仙河海市出身の作家・武山に原稿を依頼したいと相談される。武山は、7年前に新人賞を受賞してデビュー。しかし、教員試験の準備と執筆の両立が難しく、その後、一作も発表しないまま、音信も途絶えていた。

 小暮は被災地出身の作家として武山を再デビューさせたいようだが、被災地を題材にすることに逡巡する亜依子には、小暮の話に乗り気になれない理由がもうひとつあった。元恋人の聡太の出身地も仙河海だったのだ。そんな中、担当する大物作家・葵が仙河海を舞台に作品を書くと言いだし、亜依子も取材に同行する。

 港町・仙河海市を舞台に大震災を描き続ける作家による最新長編小説。(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る