「揺らぐ街」熊谷達也著

公開日:

 東日本大震災から1カ月後、文芸編集者の亜依子は上司の小暮から被災地の宮城県・仙河海市出身の作家・武山に原稿を依頼したいと相談される。武山は、7年前に新人賞を受賞してデビュー。しかし、教員試験の準備と執筆の両立が難しく、その後、一作も発表しないまま、音信も途絶えていた。

 小暮は被災地出身の作家として武山を再デビューさせたいようだが、被災地を題材にすることに逡巡する亜依子には、小暮の話に乗り気になれない理由がもうひとつあった。元恋人の聡太の出身地も仙河海だったのだ。そんな中、担当する大物作家・葵が仙河海を舞台に作品を書くと言いだし、亜依子も取材に同行する。

 港町・仙河海市を舞台に大震災を描き続ける作家による最新長編小説。(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る