「多摩川飲み下り」大竹聡著

公開日:

 多摩川沿いを飲み歩きながら上流から河口まで下る散歩エッセー。

 はるか山梨県の山中にある多摩川の源流までさかのぼる元気はないので、出発は青梅線の終点・奥多摩駅。飲み屋街で見つけた「しんちゃん」で、常連客との会話を楽しみながら、ウオツカベースのソーダ割り「樽ハイ」を重ね、気が付くと全然、「下って」いなかった。

 日を改め、奥多摩駅を歩き始めると白丸駅近くで地震に遭遇。青梅街道沿いの「鳩ノ巣 釜めし」で、電車の復旧を待ちながら一杯。結局、電車は動かず、転がり込んだ民宿のテレビで初めて大災害が起きたことを知る。以降、延べ27日をかけ、居酒屋や河原で喉を潤しながら、手軽でいて非日常を味わえる旅を堪能。(筑摩書房 720円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る