「多摩川飲み下り」大竹聡著

公開日: 更新日:

 多摩川沿いを飲み歩きながら上流から河口まで下る散歩エッセー。

 はるか山梨県の山中にある多摩川の源流までさかのぼる元気はないので、出発は青梅線の終点・奥多摩駅。飲み屋街で見つけた「しんちゃん」で、常連客との会話を楽しみながら、ウオツカベースのソーダ割り「樽ハイ」を重ね、気が付くと全然、「下って」いなかった。

 日を改め、奥多摩駅を歩き始めると白丸駅近くで地震に遭遇。青梅街道沿いの「鳩ノ巣 釜めし」で、電車の復旧を待ちながら一杯。結局、電車は動かず、転がり込んだ民宿のテレビで初めて大災害が起きたことを知る。以降、延べ27日をかけ、居酒屋や河原で喉を潤しながら、手軽でいて非日常を味わえる旅を堪能。(筑摩書房 720円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る