6作家競作「決戦!新選組」第1弾 葉室麟氏が語る沖田総司

公開日:

 来週月曜から、6人の作家陣が新選組の隊士群像を、それぞれ異なる主人公で描く、1カ月読み切りの短編小説連載が、いよいよ日刊ゲンダイでスタートする。

 幕末期、幕府は徳川家茂上洛を警護する「浪士組」を募集、200人あまりの浪士たちが京都にやってくる。しかし、浪士組を献策した清河八郎は朝廷から尊王攘夷のお墨付きをもらって江戸に引き返そうとする。それに反発した浪士組のうち近藤勇ら24人が清河と袂を分かち、やがて歴史に残る数々の事件を起こす――。

 日刊ゲンダイ連載では、新選組が誕生した京都、会津、函館へと舞台を移しながら、6人の作家がそれぞれの事件とそこに関わった人物を描いていく。

 この「決戦!新選組」は、シリーズ累計10万部に届く人気アンソロジー小説「決戦!シリーズ」(講談社)の7作目。これまで「川中島」「関ヶ原」などが刊行されているが、幕末が描かれるのは今回が初めてだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る