• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6作家競作「決戦!新選組」第1弾 葉室麟氏が語る沖田総司

 来週月曜から、6人の作家陣が新選組の隊士群像を、それぞれ異なる主人公で描く、1カ月読み切りの短編小説連載が、いよいよ日刊ゲンダイでスタートする。

 幕末期、幕府は徳川家茂上洛を警護する「浪士組」を募集、200人あまりの浪士たちが京都にやってくる。しかし、浪士組を献策した清河八郎は朝廷から尊王攘夷のお墨付きをもらって江戸に引き返そうとする。それに反発した浪士組のうち近藤勇ら24人が清河と袂を分かち、やがて歴史に残る数々の事件を起こす――。

 日刊ゲンダイ連載では、新選組が誕生した京都、会津、函館へと舞台を移しながら、6人の作家がそれぞれの事件とそこに関わった人物を描いていく。

 この「決戦!新選組」は、シリーズ累計10万部に届く人気アンソロジー小説「決戦!シリーズ」(講談社)の7作目。これまで「川中島」「関ヶ原」などが刊行されているが、幕末が描かれるのは今回が初めてだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る