「世界天才紀行」エリック・ワイナー著、関根光宏訳

公開日:

 天才を生み出すのは遺伝子か、努力か。そうではなく、天才の出現は「場所と時間(時代)に影響される」と考えた著者が、天才たちの生まれた町を旅するリポート。

 まずは紀元前400年ごろ、ソクラテスやプラトン、アリストテレスら多くの天才を生んだ古代アテナイ、現在のアテネへと向かう。丘と岩場ばかりの土地に都市国家が誕生し、多くの哲学者を輩出したのはなぜか。その名もアリストテレスという名のガイドの案内で町を歩きながら考える。

 アテネ、杭州からフィレンツェ、シリコンバレーなど7都市を巡り、地元の人々と交流を深めながら、天才たちが集中的に現れた土地と時代に何が隠されていたのかを探る。(早川書房 2600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る