「映画と歩む、新世紀の中国」多田麻美著

公開日: 更新日:

 厳しい検閲制度のもとでも中国の映画人たちは独自の視点の映画を作り続けている。例えば賈樟柯監督の「世界」は海外を実感の伴わない〈仮想ワールド〉として描いている。北京の世界公園では世界の有名な建築のミニチュアが並んでいて、簡単に世界一周ができるが、そこで働く人々は飛行機に乗ったことさえない。中国人の海外との接点は出稼ぎのために密航したり、デザインをパクるために海外のファッション誌を見るくらいだ。海外旅行がかなり自由になった現在でも、インターネット空間の制限など、〈境界〉は存在する。

 15年間中国に暮らす著者が映画を通して中国の今を語るエッセー。(晶文社 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る