「映画と歩む、新世紀の中国」多田麻美著

公開日:

 厳しい検閲制度のもとでも中国の映画人たちは独自の視点の映画を作り続けている。例えば賈樟柯監督の「世界」は海外を実感の伴わない〈仮想ワールド〉として描いている。北京の世界公園では世界の有名な建築のミニチュアが並んでいて、簡単に世界一周ができるが、そこで働く人々は飛行機に乗ったことさえない。中国人の海外との接点は出稼ぎのために密航したり、デザインをパクるために海外のファッション誌を見るくらいだ。海外旅行がかなり自由になった現在でも、インターネット空間の制限など、〈境界〉は存在する。

 15年間中国に暮らす著者が映画を通して中国の今を語るエッセー。(晶文社 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る